白髪染め入門TV

白髪染め入門TVへアクセス感謝します。ここのサイトは、白髪染めに関して細かく知りたいと感じている人を意識した知識色々あります!ここのサイトならおそらくみんなの疑問を解消することができるよ! - 白髪染めと通常のヘアカラーは何が違う

白髪染めと通常のヘアカラーは何が違う

髪を染めるためにはヘアカラーを利用するのが一般的です。主に黒髪用として売られており、ドラッグストアやコンビニで購入できます。一方で、白髪に対して使用するのが白髪染めですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

ヘアカラーと白髪染めは別物

まず最初に、白髪染めとヘアカラーは全くの別物であることを認識する必要があります。どちらも利用目的が異なっており、白髪と黒髪、それぞれに対して効果を発揮する商品です。

染髪力が違う

染髪力は、黒髪に対してはヘアカラー、白髪に対しては白髪染めが有効です。配合されている成分が異なっているため、白髪と黒髪では、染まり具合が全くの別物になってしまいます。染料と成分の違いから、仕上がりが不自然になることも珍しくありません。そのため、購入時にはしっかりと確認しておきましょう。

ヘアカラーは上手に染まらない

白髪に対してヘアカラーを使用すると、中々染まらない点がネックとなります。また、想定される色と全く異なる色に染まってしまうことから、より目立つ結果になってしまうでしょう。黒髪を染めるときにはヘアカラーが有効ですが、白髪の場合はそうとも言えないのです。

白髪には白髪染めを使おう

以上の理由から、白髪には白髪染めを使う必要があります。ヘアカラーは白髪に対する染髪力が弱いため、ぼやけたグレーや紫っぽく染まってしまう場合も珍しくありません。必ず白髪染めを使って染めるようにしましょう。

ページ上に戻る